JCB GOLD EXTAGEもってる20代はデキるように見える。まじで。

JCBカード

 

JCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)は、日本が誇るJCBのゴールドカードのうち、29歳以下の社会人だけが加入できるクレジットカードだ。

結論から言うと、JCB GOLD EXTAGEは20代の方向けのゴールドカードの中じゃいちばんバランスが良く、メリットも大きいゴールドカードだと思う。

だから、20代の社会人の方でゴールドカードをもってみたいなと考えている方には、まず第一にこのカードを激推ししておく。

また、急ぎでカードを作りたい方にもぴったりだよ。

JCB GOLD EXTAGEじゃ、審査も発行も最短その日で完了し、手元に届くのも最短でその日か次の日だという驚異的なサービス体制が整えられているから、今申し込めば、最短なら今日か明日にはカードを使えるようになっているだろう。 (※平日14時までのお申し込み、WEB口座の設定」が条件だそうだ。 )

こういうところに、お客さん重視の姿勢がむちゃくちゃよく現れているね。

それじゃ、JCB GOLD EXTAGEがどんなゴールドカードなのか、見ていこう。

基本は日本のゴールドカードの代表的存在、JCBゴールド

まず、JCB GOLD EXTAGEは、JCBゴールド」のエントリーカードという位置づけを前提に設計されている。

つまり、このJCBゴールドは、日本のゴールドカードの中でいちばんコストパフォーマンスが高いと評価される優れたゴールドカードだが、JCB GOLD EXTAGEは、このJCBゴールドの設計を若者向けにカスタマイズして敷居を下げたものだということだ。

カスタマイズの大枠を一言でいうと、JCBゴールドのサービス内容のうち若い方が使う頻度が少ない一部のサービスを簡略にする代わりに、その有効期限が続く5年の間、定期コスト/年をとんでもなく下げポイント還元のメリットをとんでもなく引き上げてお得さを拡大し、若い方でもゴールドカードの格式と手厚いサービスの恩恵を受けやすいようにしたということだ。

次に、JCB GOLD EXTAGEは、入会して5年後にやってくるカードの更新の際に、審査の上、ひとりでにJCBゴールドにアップグレードされる。

つまり、JCB GOLD EXTAGEに入会することは、5年後にJCBゴールドにつながる入口にエントリーすることを意味する。

そのため、JCB GOLD EXTAGEについてしっかり理解するためには、まずは、その基になるJCBゴールドのことを(場合によってはさらにその基になるJCB一般カードのことについても)理解しておかれた方が、間違いなく良いと思う。

そこで、少し長いが、先にJCBゴールドについて詳しく説明した下の記事に軽く目を通してから、以下の記事をお読みになることを強く激推しする。

関連記事:

若い方があまり使わないサービスを思い切って省略した

さて、本題だが、 JCB GOLD EXTAGEより多くのメリットを会員に提供するための原資を確保するため、若い方にはあまり使われていないサービスを、基本となるJCBゴールドのサービスメニューから思い切って割愛またはダウングレードしている。

具体的にいうと、JCBゴールドについている以下のサービスは、JCB GOLD EXTAGEにはついていません。

  • JCB暮らしのお金相談ダイヤル:主に資産をすでに築かれた方から専門おうちに相談するサービスだ。
  • ヘルスケアサービス:ヘルスケアに気を使い始めた年代の方のご使用が多いサービスだ。
  • グルメ優待サービス:高価格帯の飲食店をよく使う方に便利なサービスだ。
  • ゴルフサービス:著名コースなどでプレーできるサービスだ。
  • チケットサービス:よい席で観劇できるなど、エンターテインメントファンの方によろこばしいサービスだ。
  • 情報誌「京爛漫」の配布:京都によく旅行に行かれる方に好評のサービスだ。
  • 情報誌「THE GOLD」の配布:上記のプレミアムカード会員向け各サービスについての情報を多く掲載した情報誌だ。

また、カードについている保険が少しダウングレードされている。

  • 旅行傷害保険:JCBゴールドじゃ海外が最高1億円、国内が最高5000万円であるところ、JCB GOLD EXTAGEじゃ海外、国内ともに最高5000万円(使用付帯)になる。若い方は所得が比較的に少なく、仮に死亡、傷害の被害があっても損害額の算定が30代以上の方より低くなることが多いため、無駄な保険をかけることを防ぐためにこのような設計になっていると思われる。
  • ショッピングガード保険:JCBゴールドが最高500万円であるのに対し、JCB GOLD EXTAGEじゃ最高200万円になる。これも旅行傷害保険と同様の理由だろう。
  • 航空機遅延保険:つきません。若い方はその辺でゆっくり待っても楽しいだろうということだろうか(笑)。そうとも言えるような気はする。

以上が、JCBゴールドのサービスから割愛またはダウングレードされたもんだが、いかがだろうか。

JCB GOLD EXTAGEを検討するきっかけになったのは、まさに上に列挙したサービスの中のどれかに魅力を感じたからというのであれば、素直にJCBゴールドを検討したほうが良いと思う。

しかし、これらのサービスは、今の自分にとってもそれほど必要性が高いもんじゃないなぁ、という程度なら、その代わりに得られる以下のメリットに納得できれば、JCB GOLD EXTAGEはキミにとって「当たり」のカードになるはずだ。

代わりにメリットが多くついてお得さが一気に上がった

定期コスト/年がずっとおトクに

まず、一年目は定期コスト/年無料

次の年からは、定期コスト/年が3000円(税別)かかる。

JCBゴールドの定期コスト/年は1万円(税別)だから、その3分の1の定期コスト/年でゴールドカードの主要な機能を5年間も体験できるというのは普通じゃない水準の設定といっていいだろう。

ポイントがずっと貯まりやすく

JCB GOLD EXTAGEはカードを使用したときにつくポイントも、JCBゴールドよりずっと貯まりやすくなっている。

入会後3ヶ月間はポイントが3倍に

まず、JCB GOLD EXTAGEを作ったら、ご祝儀として始めの3ヶ月間、カードを使ってお会計をしたときにもらえるポイントが3倍になる。

カードが手元に届いて3ヶ月は、特にドンドン使うのが良いと思う。

入会後4ヶ月目以降はずっと、ポイントが5割増しに

4か月目からは、JCBゴールドの5割増しのポイントを、ずっともらい続けることができる。

ゴールドカードの使い心地をたくさん味わうためにも、カード払いできる場面じゃドンドンJCB GOLD EXTAGEを使い込んでいくのが良いと思うし、そのたびに5割増しのポイントをもらえるというのもまた素晴らしいね。

当然Apple PayにもGoogle Payにも対応!

iPhone7、iPhone7 Plus、Apple Watch Series 2 以降の機種を使ってる方なら、マジで使ってみて欲しい、Apple Pay。

Andoroid端末の方なら、やっぱりGoogle Pay。

クレジットカードの情報をスマートフォンに一回だけエントリーしておけば、後払い式電子マネーのQUICPay払いがスマートフォンを使ってできるんだ。超スマートでかっこいい。

スマートフォンへのカード情報エントリーも、むちゃくちゃ簡単。

カメラアプリで画面に写すだけで終わる。

まさに一瞬のできごと。

レジでお金を払うときは、スマートフォンをサッとかざすだけ。

現金もカードもチャージもいらないということで、むちゃくちゃ身軽だ。

スマートフォンを使っている方なら、マジで使ってみてね。

感動モノだ!

そのままJCBゴールドの世界へ踏み込める

JCB GOLD EXTAGEとその基になるJCBゴールドとの違いは上のとおりだ。

そして、この違いを踏まえてJCB GOLD EXTAGEのことを、「お、なかなかおトクやん」とか「そらエエ話やなぁ」なーんて思ったキミは、JCBゴールドという、日本を代表するゴールドカードの入り口に立ったことになる。

というのも、先ほど少し触れたようにJCB GOLD EXTAGEは入会後5年でやってくる最初の更新のときに、審査の上、JCBゴールドにそのまま移行することになるからだ。

JCBゴールドは、通常であればなかなか審査が厳しく、それなりにハードルが高いカードだが、すでにJCB GOLD EXTAGEを5年間使う中で、JCBに対して信用が高い会員なことを示しているキミは、一般の方よりもはるかに容易にJCBゴールドに移せるはずだ。

当然この信用の積み重ねは、この後に続く招待制のJCBゴールド ザ・プレミアJCB THE CLASSへのアップグレードの際にも大きな武器になるだろう。

ここまでくれば、多くの方が到達できない、1ランクも2ランクも上の世界が見えてきたも同然だ。

若手の方でこの世界に到達できる方は、一握りだけ。

いち早く、この素晴らしい世界を体験してね!

 

タイトルとURLをコピーしました