JCB THE CLASSはもはやブラックカードと呼ぶにふさわしい。安いけど。

JCBカード

 

JCB THE CLASS(ジェーシービー・ザ・クラス)は、JCBゴールドの上位版であるJCBゴールド ザ・プレミアに、さらに以下の素晴らしい付加サービスが山盛りで追加されている、国内最高峰レベルのクレジットカードだ。

つまり、JCB THE CLASSは超プラチナレベルのカードであり、アメックスになぞらえて言えば「JCBのブラックカード」と言ってよいだろう。

ところが、JCB THE CLASSは、以下に述べるようにむちゃくちゃ練られた、ここち良いサービスがふんだんに盛り込まれていながら、むちゃくちゃリーズナブルなコストで使うことができるという一面も持っている。

言ってみれば、ただでさえコストパフォーマンスがむちゃくちゃ高いプレミアムカードであるJCBゴールド ザ・プレミアが大きくパワーアップし、更にハイコストパフォーマンスになってしまったという、まさに、とんでもなく魅力的な、S級のプレミアムカードだ。

ザ・クラス・コンシェルジュデスクがむちゃくちゃ優秀

JCB THE CLASSでいちばん大きな目玉の付加サービスっていうと、やはりザ・クラス・コンシェルジュデスクだろう。

このデスクは電話一本で、キミのわがままをたくさん聞いてくれる。

たとえば…

  • だいじな記念日の飲食店を、なかなか予約できないあの飲食店でとってもらったり
  • 気の利いたおみやげ物を探した上で自分の家への配送まで手配してもらったり
  • 旅行じゃ希望どおりのホテルや鉄道、航空券、レンタカーを調べてもらったり、代わりに予約してもらったり
  • プラチナチケットの観劇やスポーツ観戦などで、良い席のチケットをしっかりとってもらったり
  • ドライブの途中や仕事中の出先などで、近くの評判の良いお店を調べてもらったり、予約までしてもらったり

これらはパッと思いついただけのほんの一例だが、自分で行えば軽く数時間~半日くらいはかかりそうな面倒な作業でも、プロのコンシェルジュに丸投げして代行してもらえるサービスだ。

そしてさらにすさまじいのは、ザ・クラス・コンシェルジュデスクじゃ、キミのこんなわがままを24時間365日体制で聞いてくれるのだ。

言ってみれば、経験豊富で気が利き、無限の体力のある有能な美人秘書を個人で雇っているのと同じようなものだ。

もし本当に自分で秘書を雇えばいくらかかると思うか?

ザ・クラス・コンシェルジュ・デスクをしっかり使用していけば、どれだけおトクに見積もってもこれだけで月に3万円以上のバリューがあると思う。

とにかく、遠慮せずに何でもどんどん相談してみてくれ。

キミの人生の幅が一気に広がること、請け合い。

思いっきりゆとりのあるカード使用枠

JCB THE CLASSじゃ、もちろん使用枠にも大きな余裕があるので、よほどのことがない限り、限度額のことを気にせずに、旅行やエンターテインメントを安楽に楽しむことができる。

限度額はそれぞれで設定されるが、当初は原則として350万円以上といわれている。

旅行傷害保険がさらに充実

旅行保険だって充実している。

JCBゴールドやJCBゴールド ザ・プレミアじゃ海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5000万円であり、これでも相当に高いレベルの補償なんだが、JCB THE CLASSじゃ国内旅行傷害保険も最高1億円まで補償される。

これらの保険はもちろん自動付帯だから、JCB THE CLASSで旅行代金を支払っていない場合でもちゃんと保険がききます。

旅行傷害保険としてはまさに最上のクラスのと言ってよいだろう。

メンバーズセレクションで毎年2万円分以上のプレゼント

また、さらによろこばしいのは、JCB THE CLASS会員には、1年のうちに1回、会員が自分で選ぶことができる厳選商品(2万円相当以上の贈答や旅行、グルメなど)を、必ずプレゼントしてもらえる

これがまた、かなり魅力的なものがそろっており、よくある「なーんだこんなもんか」的な景品とはワケが違う。

毎年のプレゼントが、本当に楽しみになるよ。

もちろんJCBゴールドのグルメ優待サービスはあたりまえ

JCB THE CLASSはもちろんJCBの最高ランクカードなんだから、JCBゴールド以上のカードを持っている人だけが使える優待サービスは、もちろん、使うことができる。

特に、日本中の美味しいお店で普通じゃない水準の20パーセント割引を受けられる、秘密のグルメ優待サイトを使わない選択肢はないだろう。

グルメ付加サービスで1名分が無料に

また、さらによろこばしいのは、このグルメ付加サービス。

要するに、日本中にある100以上もの高名な飲食店で、2名以上でコース料理を頼めば1名分がタダになるサービスだ。

普通に頼めば2万5000円以上もするようなコースでも、当たり前のように1人分無料にしてもらえる。

うそだろ?と思うほどお得だ。

年に2~3回そういうお店で食事すれば一体いくら得するのかと考えると、かなりの衝撃を受けませんか?

ディズニーランドだってVIP待遇で使える

JCBは東京ディズニーリゾートの公式スポンサーであり、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーじゃ、JCB THE CLASSの会員に限りVIP待遇をしてもらえるサービスが用意されている。

ディズニーランド内にある秘密の非公開飲食店「クラブ33」に招待してもらえる!

まず、東京ディズニーランドには、一般には公開されていないクールでセクシーでファンキーな飲食店があるって知ってるかな?

それが「クラブ33」だ。

普通にディズニーランドに入場している方にはその存在すら気づかれない、秘密の会員制飲食店だ。もちろん、園内マップにだって載っていません。

ところが、JCB THE CLASSの会員なら、年に1回、このクラブ33でむちゃくちゃ美味しく豪華な食事をすることができる。ここでは、東京ディズニーランド内で唯一、お酒だって飲めちゃう。

そう、先ほど説明した、メンバーズセレクションで、「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」と、サラリと書いてあるだけのこのコースを選択すると、実はこの秘密の飲食店に招待してもらえるのだ。

ぜひともキミのだいじな方を、クラブ33に連れて行ってあげて下さい。

間違いなく一生の思い出になり、キミの株も雲の上まで跳ね上がると思うよ。

人気アトラクションに待たずに乗れる

また、先ほどお話ししましたとおり、JCBは東京ディズニーリゾートの公式スポンサーだが、JCB THE CLASSの会員は、特にJCBがスポンサーになっているアトラクションの使用の際に、むちゃくちゃ優遇してもらえる。

というのも、ディズニーランド、ディズニーシー内にはJCB THE CLASS会員だけが入れるVIPラウンジがあるんだが、そこでゆったり好きな飲み物を無料でサーブしてもらい、ゆっくり飲みながらくつろいだ後に、人気のアトラクションに待つことなく乗せてもらえるサービスが用意されているんだ。

THE CLASS会員を含め4名までラウンジに入れ、優先搭乗ができるから、お友達を誘って遊びに行ったときだって利用できる。

ウソみたいだろ?

そう、キミが今までうだるような夏の暑さや厳しい真冬の潮風の中で行列に並んでいたときに、そんなやり方でラクして優先的にアトラクションを楽しんでいた方がいたってことだ。

次はキミの番にしたいものだね。

ディズニーホテルのスイートルーム優待プラン

そして、一日中、楽しく遊んだ後は、ディズニーリゾートホテルのスイートルームにでも泊まって、気分よく休みたいものだ。

もちろん、ここでもJCB THE CLASSの会員だけは特別の優待価格で(と言っても1泊30万円程度はするが(笑))宿泊することができるので、ウン十万円の割引きが受けられるという意味で、むちゃくちゃお得だ。

年間固定コストは、特典やメリットに比してみるちゃくちゃリーズナボー!

まだまだ細かい特典はたくさんあるんだが、大きい物だけでもこれだけすさまじい内容だ。

この際、あけすけに金額に見積もってみると、

  • コンシェルジュサービスを超安に見積もって月1万円と考えると年間12万円くらいのバリュー?(本音じゃ最低でも月3万円のバリューはあると考えているが・・・)
  • 国内旅行傷害保険を5000万円から1億円に追加するために必要な保険料は年間5000円くらい?
  • メンバーズセレクションで毎年2万円分のクールでセクシーでファンキーなプレゼントが必ずもらえる!
  • 年に2回程度、2万円のコース料理を1名分無料にしてもらったとして、4万円
  • ディズニーでの様々な優待は人によってバリューがかなり違うだろうから、もう0円にしよう。でも、だいじなあの人からキミに注がれる、羨望とリスペクトの眼差しは、プライスレスだよね。

それでも、合計すれば、年間に18万5000円分の付加サービスを享受することができてしまっている。かなりおトクに見積もったつもりだが。。。

ところが!

JCB THE CLASSの年間固定コストは・・・・・5万円だ。

お値段、たったの5万円なんだ。

すでに相当コストパフォーマンスの高いJCBゴールド ザ・プレミアの年間固定コストが1万5000円だから、そこにわずか3万5000円追加するだけで、これだけすさまじいメリットを追加してもらえるわけだ。

正直、安すぎると思う。

もう一回言っちゃう。

安すぎだ

JCB THE CLASSにむちゃくちゃ近い内容のプラチナカードであるアメックスのプラチナなんて、年間固定コスト13万円だからね。

ほんとにたったこれだけで、いいんだろうか(笑)。

ザ・クラスカードの取得は、JCBプラチナか、JCBゴールドから

JCB THE CLASSは招待制

そうなんだ。

JCB THE CLASSはこれだけも素晴らしいメリットがてんこ盛りのむちゃくちゃ魅力的なプレミアムカードなんだが、その分、大勢にこのサービスを提供することは難しいのだろう。

そのため、JCB THE CLASSは招待制のカードとされている。

つまり、原則としてJCBから招待が来るのを待たなければ THE CLASS会員にはなれません。

招待されるための基準と審査

じゃ、どうしたら、JCBから招待状(インビテーション)を受け取ることができるのだろうか。

公式サイトの記載と過去の実績によれば

この点について、JCBはTHE CLASSカードの招待基準について現在、明らかにしていません。

だが、かつて明らかにしていた審査基準や、実際にTHE CLASSカードを取得された方を調査してみた結果からおおよその見当はつく。

まずは、現在の公式サイトに書かれてある記述を見てみましょう。

JCBザ・クラスのご入会は、原則としてJCB、またはお客様の所属されるカード発行会社からご案内している。

うーん、これだけじゃ何のことやらさっぱりわかりません。

次に、2017年まで公式サイトに書かれてあった記述を見てみましょう。

JCBの公式サイトじゃ、2017年まで、以下のように記載されていました。

JCBザ·クラスについては、JCBゴールドにご入会後、当社の定める一定の基準を満たしたお客様をご招待させてね。

つまり、2017年までの公式サイトから明らかに分かっていたことは、

  • JCBゴールドを持っていなければ、JCB THE CLASSには招待してもらえない

ということだ。

言いかえれば、2017年までは、他社との提携カードや法人カードのゴールドカードじゃダメで、JCBオリジナルシリーズのJCBゴールドを作る必要があったということだ。

次に、JCB THE CLASSは招待制に移行する以前には申し込み制を採用していましたが、そのときにJCB自らが公表していた入会基準を見てみましょう。

そこじゃ、

JCB会員でない方: お歳40歳以上、自家保有で一年間の収入1500万円以上、資本金5000万円以上の会社に10年以上継続勤務の役員・管理職の方(自営の方は、営業年数10年以上の社長さん)

JCB会員の方: お歳40歳以上、一年間の収入1200万円以上で、勤続年数10年以上の役員・管理職の方(自営の方は、営業年数10年以上の社長さん)。かつJCB入会歴3年以上、年間100万円以上のショッピング使用実績が2年以上で、JCB会員規約を遵守されている方。

ということになっていました。

だから、今でも全くそのままであるとは言いませんが、「おおむね」これくらいの属性の方を念頭に置いていると言ってよいだろう。

もっとも、カードを実際に取得した方の情報を集めてみると、案外、20代後半~30代前半の方や一年間の収入も500万円前後の方もいましたので、これらの要件は必ずしも厳格に運用されているわけじゃないようだ。

むしろ、JCB会員の方向けの基準の最後の方にある、「JCB入会歴3年以上、年間100万円以上のショッピング使用実績が2年以上で、JCB会員規約を遵守されている方。」というのがJCB側にとってもメリットがあり、かつ、判断しやすい基準であると思う。

実際、取得された方の大半は、JCBゴールドを取得した後にそのカードを用いて年に100万円程度の使用を2~3年続けるか、年に200万円程度の使用を1~2年続ける、または、JCBゴールド ザ・プレミアで年に100万円程度の使用を1年続ける程度で招待を受けている方がむちゃくちゃ多く、そのあたりを大まかな基準としていると思われる。

あとは多少の裁量だろう。

JCBプラチナが登場した現在じゃ

ここまで、JCB THE CLASSへの招待を受けるには、とりあえずJCBゴールドを取得して、良い使用ヒストリーを積み上げないといけなかったよって話をしました。

ところが、2017年の秋に、少し事情が変わりました。

申し込み制のカードの最上のクラスの版として、JCBゴールドの上に、JCBプラチナが登場したのだ。

このラインナップの変更に対して、JCBの公式サイト上にあるJCB THE CLSSSへの招待基準についての記述は、先ほどお話したような「ぼんやりした内容」に改められ、「JCBゴールド」という記述が消えました。

すると、ここでクエスチョンが生じます。

JCB THE CLASSの招待状を待つためには、JCBゴールドよりも、JCBプラチナを持ったほうが良いんじゃないか?と。

一体、どちらが有利なのだろうか。

この点について、ボクはJCBに電話で確認を入れました。

すると、JCB THE CLASSの招待状は、JCBプラチナのオーナーに対しても、ちゃんと届くとのことだった。

むしろ、JCBプラチナのほうが上位ランクのカードなので、そちらの方がより優先的に招待されやすいとか。

まあ、あたりまえだよね(笑)。

まずはJCBゴールドまたはJCBプラチナがスタートライン

いずれにせよ、JCB THE CLASSを取得するためには、まずはJCBが発行するプロパーカードであるJCB オリジナルシリーズのJCBゴールドまたはJCBプラチナを取得する必要があることは確かだ。

ここがスタートラインであり、これを持っていないと何も始まりません。

今すぐJCBプラチナの審査に通る自信のある方は、そのままJCBプラチナに入会の申し込みをするのがベストだし、まだ自信のない方は、とりあえずそこを目指して、JCBゴールドJCB一般カードで1年程度シッカリ使用実績を積み、JCBとキミとの間の信頼関係を積み上げた後にJCBゴールドや、JCBプラチナへのアップグレードを申請するのが良いやり方だよ。

 

JCB THE CLASSの基本になる、JCBゴールド ザ・プレミアの記事はこちら:

 

タイトルとURLをコピーしました