JCBゴールドって、本気のプラチナに負けてないと思うこのごろ。

JCBカード

 

JCBゴールドは、その名の通り、格式バツグンのゴールドカードだ。

天下のクレジットカードブランド、JCBが誇る大人気の券種だよね?

とは言っても、JCBのゴールドカードってどういうカードなんだろう。

JCBゴールドは格式になるんだろうか?

標準的なJCB一般カードと何が違うの?

そのJCBゴールドについてお教えするよ!

  1. JCBゴールドが誇るもの、それは有用、お得、格式!
  2. JCBゴールドってどういう風に申し込むの?審査は厳しい?定期コスト、高い?
    1. JCBゴールドの審査は、標準的なカードよりちょっと難しさ高め
    2. JCBゴールドの定期コストは、サービスの充実を考えたら安すぎるくらい?
    3. JCBゴールドが誇るサービスは、想像以上にハイクオリティ
      1. 国内、外国問わず、主要な空港ラウンジがタダで利用できる!
      2. 急な移動でもチケットの手配はお任せ!
      3. JCBゴールドは、美食もスポーツもお薦め!
  3. JCBゴールド本領発揮は、単刀直入に外国での利用場面!
    1. JCBゴールドじゃ、最大1億円の傷害保険がついてくる!
      1. 遅延費用保険金の充実際のところ、キミの外国旅行を安楽にしてくれる。
      2. 寄託手荷物遅延費用保険金、寄託手荷物紛失費用保険金もしっかりついてる!
    2. ショッピングの補償についても手厚いのがJCBゴールドの魅力!
  4. JCBゴールドは、ランクアップでもっとよりいいサービスへ
    1. JCBゴールドの次のステップは、JCBゴールド ザ・プレミア
    2. ゴールドカードの次は、JCBプラチナカードを目指しよう
    3. そして最上のクラスの、JCBオリジナルシリーズが誇るブラックカード、JCB THE CLASS
  5. JCBゴールド愛用者の生の声から分かる、そのおトクっぷり
    1. 「格式を意識して、JCBゴールドを作りた。」
    2. 「信頼感のあるゴールドカードっていうと、JCBゴールドだ!」
    3. 「JCBゴールドは、付帯保険がいい!」
    4. 「JCBゴールドのデザインはハイグレード感があってしぶい!」
    5. 「JCBゴールドから、JCB THE CLASSを目指してる!」
      1. JCBゴールドが愛されるワケ
  6. JCBゴールドを使いこなして、お薦めで安心なクレジットカード生活を
  7. JCBゴールドの標準になるJCB一般カードからしてよくできている
  8. しっとりした大人の格式が奥ゆかしい
  9. 利用限度額が大きく成長していくのがよろこばしい
  10. 旅行傷害保険やその他の保険の充実っぷりが素晴らしい
    1. 旅行傷害保険が、普通じゃない水準
    2. ショッピングガードも、普通じゃない水準
    3. 航空機遅延保険まで、普通じゃない水準
  11. 細やかに心配りされたゴールド専用サービスが心地いい
    1. 空港のラウンジサービスや手荷物の無料宅配でゆったり
      1. 北海道・東北
      2. 関東
      3. 中部・北陸
      4. 近畿
      5. 中国・四国
      6. 九州・沖縄
      7. 外国
    2. 旅行代金のお会計をすれば、Oki Dokiポイントがドーンと貯まる
    3. グルメ優待サービスがとんでもなくお値打ちで、おいしい
    4. ゴルフサービスを使えば、あの著名コースでプレーできる
    5. エンターテインメントのプレミアムチケットだってラクラク
    6. 税理士やFPにお金のことをタダで相談できて安心
    7. ヘルスケアサービスも充実!健やかな心身でさらに人生を楽しめる
    8. 会員情報誌「THE GOLD」
    9. ゴールド会員専用デスク
    10. デザインが高品質
  12. さらに上の世界が見えてくる
  13. 家族カードが無料だから、素晴らしさを分かち合える
  14. 得られる利益に対し、定期コストがとんでもなく安い
  15. 当然、今ならお祭りが適用されてお薦め

JCBゴールドが誇るもの、それは有用、お得、格式!

JCBゴールドは、JCBオリジナルシリーズと聞く、JCBが出しているプロパーカードの一つだ。

ゴールドカードと名を打ってはいるが、ハイグレード志向で普段使いが難しいようなことは全然ない、とんでもなく使い勝手のいいカードだ。

後に詳しくお話ししていくが、JCBゴールドは、JCB一般カードなど標準的な種類に比べると、サービスが相当に充実しており、より一層有用に使える場面が増えている。

例えば、空港のラウンジの利用や、美食の優待サービス、困ったときにオペレーターが手伝ってくれるデスクサービスなんかもあるんだよ。

ほんっっっとうに、有用だよね・・・クレジットカードって。

きっとキミも、JCBゴールドを気に入ってくれるはずだ!

めちゃたくさんの激得と有用が詰まっているからね。

そして何より、JCBゴールドは持っているだけでキミのバリューを上げてくれるクールでセクシーでファンキーな格式になるんだよ!

さて、格式というと、キミは何を思い浮かべるかな?

クルマや時計、ブランド物の靴やバッグ?

確かに、ハイグレードなものを身に着けているのは、れっきとした格式だ。

だが、靴やバッグじゃアピールできない、クレジットカードでしか推し量れないポイントが一つあるんだよ。

それは何だろう・・・

・・・

単刀直入に、お答えする!

クレジットカードでしか魅せることのできない格式、それは「信用」だ!

JCBゴールドは、キミという人の信用を目に見える形で表してくれるんだよ。

なんたってゴールドカードだから!

・・・と言っても、きっとキミはまだピンときてないと思う。

まずは、JCBゴールドがどんなクレジットカードなのかを理解していこう。

そして、JCBゴールドを持つことでどんな利点があるのか。

順番に見ていこう!

JCBゴールドってどういう風に申し込むの?審査は厳しい?定期コスト、高い?

JCBゴールドの申込みには、特別な要件などはない

JCBのカードを何年以上、使ったお金がいくら以上、のような決まりはなく、クレジットカードの発行会社から招待されないと申し込めないタイプのカードでもない。

公式サイトから、つねに申込みができる。

先ほど「クレジットカードの発行会社から招待されないと申し込めないタイプ」とお話ししたが、実際のところJCBオリジナルシリーズには実際に招待されないと申し込めない種類もあるんだよ。

JCBゴールドの一段上のカードなどが、その招待限定のカードになる。

だから、もしいずれランクを上げていきたいと考えている場合、まずはこのJCBゴールドが無条件で必要なんだ!

そして、申込みやり方だが、申込書の郵送よりもWEBからの申込みを推奨する。

というのも、JCBゴールドは平日11時までに申込み、WEB口座を設定することで、最短ならその日発行、次の日お届けになるんだ!

どうせ申し込むなら、WEBで手早くちゃちゃっと済ませ、カードもさくっとゲットしよう!

JCBゴールドの審査は、標準的なカードよりちょっと難しさ高め

JCBゴールドの審査基準は、ひとむかし前まで「お歳30歳以上、一年間の収入が500万円以上あり、JCBカード会員歴が3年以上ある人」と、相当に細かく決められていた。

キ、キビシイ・・・

ただ、今はそのようなこともないようで、現在の申込資格を見ると「20歳以上で、本人に安定、継続した収入のある方」なので、かつてに比べたら難しさも下がっているね。

しかし、上記の要件を満たせばどなたでもオッケーというわけにはいかない。

そこはゴールドカード、標準的な種類のカードより多少キビシめになってあたりまえだ。

「安定、継続した収入」というとザックリしているが、会社員や公務員など正規雇用の勤め人の方が有利だと言えるだろう。

申込み後は、2~3日で結果が分かるのでしばらく待とう。

※WEBで申し込んだ場合は、1時間前後で審査が完了する。

もしも収入面が不安だなと思う方は、ちょっと遠回りをしてJCB一般カードやJCB CARD Wに申し込んでJCBの利用実績を作るのもいいかもしれない。

クレジットカードは、どんな理由であれ、一回審査で落ちてしまうとしばらくヒストリーが残ってしまう。

だから、今後JCBオリジナルシリーズでランクアップを望むのなら「ダメもとでとりあえず申し込んでみる」よりも「確実なところからランクアップ」が賢いよ。

JCBゴールドの定期コストは、サービスの充実を考えたら安すぎるくらい?

JCBゴールドの定期コストは、11,000円(税込)だ。

そして家族カードの定期コストは、1名分が無料、2枚目から1,100円(税込)で持つことができる。

1枚無料はよろこばしいね。

さて、ゴールドカードの定期コストだが、ほかのブランドのカードと比べてみると10,000~25,000円くらいが相場だ。

お金だけ見ると、他のブランドのゴールドカードと同じか平均のちょっと低めくらい。

が、しかし!!!

JCBゴールドが何と言われているか、知ってるかな?

「他のブランドなら、プラチナに値する補償サービス」だ。

プラチナレベルのサービスが、ゴールドカードの平均価格で利用できる。

そう考えると、激しくお薦めなんだよ!

そして、もう一つお薦め情報。

WEBから申込みをした場合、一年目の定期コストが、なんと無料!

容易に申し込めて、早ければその日のうちに発行ができて、その上定期コストが無料!!

(WEB申込みが推奨である理由、分かっていただけたかな?すさまじいよね?)

※WEB申込みの場合、家族カードも一年目会費が無料になる。

激しく充実のサービス、安心の万全サポートが年間10,000円ちょっとで受けられるなら、これは持たなきゃソンだね!

JCBゴールドが誇るサービスは、想像以上にハイクオリティ

JCBゴールドじゃ、さまざまな有用なサービスを利用できる。

クレジットカードっていうと、ショッピングやポイントをもらうことが主な使いみちとされているが、実際のところ付帯サービスも相当に重要!

カードのブランドによって、カードのランクによって、付帯サービスはさまざま。

JCBゴールドには、標準的なカードにはなかった、JCBのハイクラスカードならではのお薦めなサービスや、有用なサービスがいっぱいあるんだよ!

もし、上記の定期コストのお話でちょっと高いなぁと感じていたキミも、サービス内容を知ったらそれだけのバリューがあると思うに違いない!

さてさて、どんなサービスがあるか、順番に見ていこう!

国内、外国問わず、主要な空港ラウンジがタダで利用できる!

JCBゴールドじゃ、空港ラウンジがタダで利用できる

国内主要空港は当然、ハワイはホノルルの国際空港内のラウンジも利用可能。

空の旅は疲れがたまりやすいもの。

長旅でヘロヘロになって、ゆっくりまったりリラックスしたいときなどは、ぜひラウンジを利用したいね。

ラウンジじゃ、飲み物やマガジン、新聞の閲覧、簡単なお食事などのサービスも充実している。

また、空港によっては荷物の預かりも徹底するなど安全性も万全。

空港は、荷物の紛失や盗難などの事故が起きやすい場所だ。

信頼できるラウンジに、荷物の管理を任せられるのは安心だよね?

空港ラウンジ、外国出張や旅行で飛行機を使う方には、とんでもなくよろこばしいサービスだ。

急な移動でもチケットの手配はお任せ!

JCBゴールドじゃ、ゴールド会員専用デスクを使うことができる。

このゴールド会員専用デスクじゃ、JCBゴールド会員専用のオペレーターが、カードについての全般の内容に対応してくれる。

通話料はタダで、当然、何回でも利用できる。

カードの使い方で、不明なことがあったり気になったことがあったりしたら、すぐに電話をつなぐことができる。

また、急な事故だぐに相談したいとき、急ぎで問い合わせたいことがあるときなども心強い。

当然問い合わせだけじゃなく、JRのチケットを手配してくれるサービスなどもあるのでどんどん利用しよう!

JCBゴールドは、美食もスポーツもお薦め!

JCBゴールドのサービスは、ラウンジやデスクだけじゃない。

美食が趣味な方、注目のサービスがこちら!

「グルメ優待サービス」!!

・・・そのまんまの名前だが、とってもお薦めなんだよ!

グルメ優待サービスじゃ、日本中250店の飲食店で代金が20パーセントオフになるというおトクっぷり。

提携店はオシャレな飲食店やちょっとハイグレード感のあるお店が多いので、会食などだいじなビジネス場面や、記念日の晩餐で使うのもいいかもしれない。

そして、ビジネスっていうと、「ゴルフサービス」も注目だ!

名の通ったコースでのゴルフコンペが開催されるほか、日本中約1200カ所のゴルフ場の手配も行ってくれる!

また、利用の際は優待サービスを受けられるほか、JCBゴルファーズクラブというへ入会すると名門コースを優先で使うこともできるんだ。

ビジネスマンにとって、ゴルフはだいじなコミュニケーションのひとつ。

とはいえ、予約や下見などの事前準備は思いのほかえらいことだよね・・・。

その面倒な部分をカンペキに請け負ってくれるサービスは、たくさんのビジネスマンをニッコリ笑顔にしてくれること間違いなしだ!

JCBゴールド本領発揮は、単刀直入に外国での利用場面!

JCBゴールドは、もし外国に行くご予定がある際はぜひお財布に入れておくことを推奨する。

JCBオリジナルシリーズを知っている方はおなじみ、JCBの補償、保険サービスは、他のブランドじゃ全く相手にならないほど手厚いんだ!

ボクも、仕事で外国を訪問する際は手厚い補償、保険のついたクレジットカードを持っていく。

というのも、外国じゃわが国の保険は原則として使えないから・・・

ちょっとケガをしたり、カゼを引いたりして病院へ行こうものなら、一回の受診で家の賃料レベルの診察代がかかってしまうこともザラにある。

外国だから、わが国の福祉サービスのルールを持ち込むわけにもいかない。

そのような時キミの体とお財布を守ってくれるのが、外国での利用補償や保険が手厚いクレジットカードなんだ!

JCBゴールドじゃ、最大1億円の傷害保険がついてくる!

JCBゴールドと、これまでの標準的なカード(JCB一般カードやJCB CARD W)の違いは、単刀直入に補償のお金といえる。

標準的なカードでも最大5,000万円の補償など、相当に手厚いんだ、が、しかし・・・!

JCBゴールドなら、なんとその2倍、最大1億円の補償がついてくるんだ!!!(※一部利用付帯)

旅行先で事故に遭ったりや事故に巻き込まれるなどしてカードの持ち主さんが死亡、もしくは後遺傷害を負ってしまった場合、最大で1億円の保険がおりる。(利用付帯)

定期コスト1万円で、1億円の補償がついたクレジットカード、外国でもなかなかないよ・・・!

当然、そのような事故はないに越したことはない。

ただ、もしものときにこれだけ手厚い保険があるというのはある意味で安心材料になり得るよね。

また、以下のような事故に巻き込まれた場合も、JCBゴールドならしっかり補償が受けられる!

遅延費用保険金の充実際のところ、キミの外国旅行を安楽にしてくれる。

例えば、飛行機のダイヤに遅れが発生して、乗り継ぎ予定の飛行機に間に合わなかった。

乗りたかった飛行機が、運航事故で乗れなかった。

そんなこんなで、やむを得ずその場でホテルを取って一泊する羽目に・・・こういう場面、実際のところかなりあるあるじゃないだろうか?

しょうがないこととはいえ、これが全て実費になるというのは、ちょっとモヤッとするよね!

そんなときにあると助かるのが、遅延費用保険金だ。

遅延費用保険金とは、事故で予定外の宿泊が必要になった際、宿泊費客や食事代を、JCBゴールドが補償してくれるというもの!

出航遅延費用等保険金、乗継遅延費用保険金など、その場面に応じて利用できる保険はさまざまだ。

JCBゴールドじゃ、大体2万円ほどの補償が受けられる。

寄託手荷物遅延費用保険金、寄託手荷物紛失費用保険金もしっかりついてる!

漢字ばっかりでなんのこっちゃ、だね(笑)

これらはあっさり言うと、荷物のための保険だ。

寄託手荷物遅延費用保険金とは、搭乗時に預けた荷物が、何らかの理由で現地に定時に届かなかった場合の保険だ

補償されるのは、衣料品などがメインになる。

一方、寄託手荷物紛失費用保険金とは、預けた荷物をなくしたときの保険だ

旅行先で荷物が紛失するのは、大変困るよね。

こういった事故の際に、しっかりフォローしてくれるという点が、JCBゴールドの保険は大きな魅力の一つだ。

ショッピングの補償についても手厚いのがJCBゴールドの魅力!

JCBゴールドには、ショッピング保険もついている。

ショッピング保険とは、外国で購入した商品に何らかの事故が発生した際にその代金を補償してくれるサービスのことを指する。

例えば、外国でJCBゴールドを利用して購入した商品が盗難の被害に遭った、不慮の事故で破損した、といった場合だね。

JCBゴールドじゃ、最高500万円まで、商品の補償をしてくれる

この保険の利点、ショッピング好きの方ならご理解いただけると思う。

こういった、ショッピングでの保険はクレジットカードにはなくてはならないサービスだよね?

当然、このショッピング保険のサービスは、JCBゴールドだけでなく、JCBゴールド以上のランクのカードにも付帯されているよ!

さて、JCBゴールド以上のランクについても、理解しておいてソンはない!

順番にお話しするね。

JCBゴールドは、ランクアップでもっとよりいいサービスへ

JCBゴールドのサービスが、とんでもなく素晴らしいものであるということはご理解いただけたと思う。

さて、そのようなJCBカードだが、格式をもとめるキミは、もっと高みを目指してみないか?

JCBオリジナルシリーズには、その人に合ったランクでその人にふさわしいサービスを提供してくれるカードがいっぱいある。

当然、JCBゴールドよりお手頃なJCB一般カードやJCB CARD Wといった標準的なカードにも大きな魅力がある。

しかし、クレジットカードの魅力は手頃さやポイントサービスだけじゃない。

将来的な利点として、クレジットカードに格式を求める方も多い。

JCBゴールドの次のステップは、JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールドを使いこなして行く中で、もうすこしハイクラスのカードに興味を持ったキミ。

そのような方には、一段上のゴールドカード、「JCBゴールド ザ・プレミア」を推奨する。

「JCBゴールド ザ・プレミア」はJCBが定める一定の要件を満たした方にのみ案内が届くという、完全招待制のゴールドカードだ。

JCBゴールドのサービスに加えて、より有用でハイセンスなサービスが魅力だ。

完全招待制という面じゃ、ゴールドカードの上位であるJCBプラチナカードよりレア度の高いカードと言えるだろう。

ゴールドカードの次は、JCBプラチナカードを目指しよう

JCBゴールドからのランクアップは、JCBゴールド ザ・プレミアだけじゃない。

最上のクラスのへの大きな一歩、JCBプラチナカードへのランクアップもできる!

JCBプラチナカードには、JCBゴールドやJCBゴールド ザ・プレミア以上のサービスが受けられるほか、最上のクラスであるJCB THE CLASSのためのクレジットヒストリーを積むという面でも大きな利点がある!

カードデザインも、ますますハイグレード感のあふれるものになっているので、格式もバッチリだよ!

そして最上のクラスの、JCBオリジナルシリーズが誇るブラックカード、JCB THE CLASS

JCBゴールドやJCB一般カードで、こつこつクレジットヒストリーを積み上げてきた方が目指すもの、それがJCB THE CLASSだ。

JCB THE CLASSは、JCBオリジナルシリーズ最上のクラスの、いわゆるブラックカードだ。

最高な格式は当然のこと、サービス内容も最高峰。

JCB THE CLASSは、JCBゴールドを持っている方がすぐに持てるもんじゃない。

完全招待制のカードなうえ、審査じゃクレジットヒストリーも重要になってくる。

JCB THE CLASSを目指すキミ。

まずはJCBゴールドやJCB一般カードを積極的に利用してクレジットヒストリーを積み上げてみよう。

JCBゴールド愛用者の生の声から分かる、そのおトクっぷり

JCBゴールドを実際に利用しているという方の口コミや評判情報をチェックしてみよう。

JCBゴールド愛用者には、単純にJCBゴールドが好きという方もいれば、ハイクラスのカードを持つためにクレジットヒストリーを積むことを目的としている人もいる。

「格式を意識して、JCBゴールドを作りた。」

JCBゴールドを作るに至った理由としては、やはり格式を意識している方が多いようだ。

JCBゴールド自体の格式は当然、そこからのランクアップが明確であるというのも大きな利点だ。

定期コストもそこまで高いわけじゃない。

初めてゴールドカードを持ちたいと思った方が比較的持ちやすいのが選ばれる理由になっているようだ。

「信頼感のあるゴールドカードっていうと、JCBゴールドだ!」

「国産がいい!」という面に重きを置く方には、JCBが人気だ。

なかでもJCBゴールドは格式も育て甲斐もあるため、「ちょうどいい」といったところだね。

サービスの充実に魅力を感じる、サポートデスクに電話がつながりやすいので安心、といった付帯サービスへの信頼の声も多くみられた。

「JCBゴールドは、付帯保険がいい!」

外国での利用がある方には、JCBゴールドの保険は大きな利点になっているようだ。

国によっては、入国の都度お金を払って保険の加入が義務付けられていることもあるが、JCBゴールドなら必要な保険が全てついているので安心だ。

万が一のときに頼れる、補償が大きいので心強い、という、安心感が決め手、という声がみられた。

「JCBゴールドのデザインはハイグレード感があってしぶい!」

JCBゴールドのデザインは、シンプルながらに洗練されたハイグレード感のあるつくりになっている。

ギラギラした嫌味っぽさのない、控えめかつエレガントなデザインは、老若メンズ・レディース問わず安定の人気だ。

原則として、JCBゴールドに限らず、JCBオリジナルシリーズは、デザインについての評価が高いイメージだ。

「JCBゴールドから、JCB THE CLASSを目指してる!」

この声、やはり多い!

最終目標をJCB THE CLASSに定め、クレジットヒストリーを積んでいるという方だね。

ここからJCBゴールド・ザ・プレミアやJCBプラチナカードを経て、JCB THE CLASSに上り詰めていくんだね。

だが、なかには、JCBゴールドが安楽で、なかなかランクアップに踏み切れない、という声もあった(笑)

格式を重要視している人をも引き留めてしまうほどに、有用でつかいやすいカードというのも、クールでセクシーでファンキーなポイントかもしれない。

JCBゴールドが愛されるワケ

口コミや評判情報を見ていると、ランクアップを目指す方だけじゃなく、JCBゴールドそのものに魅力を感じているという方が多く見られたのが印象的だね。

とくに外国で使う保険について前向きコメントが多く、やはり最大1億円の補償というのが大きなポイントになっているようだ。

また、デザインについても好評で、普段使いで出しやすいということがポイントになっているようだった。

(確かにギラッギラに輝くクリスマスのようなカードじゃ、普段の買い物用としては、ちょっとためらってしまうからね・・・)

JCBゴールドを使いこなして、お薦めで安心なクレジットカード生活を

JCBゴールドについて、お話してきたが、いかがだっただろうか?

JCBゴールドは、その補償の充実と、今後のランクアップを見据えたクレジットカードとして、たくさんの人に注目されている。

クレジットカードを選ぶなら、やはり、ただ有用なだけじゃいけない。

現代で、クレジットカードは、信用でもあり、格式でもあるからだ。

どうせ選ぶのなら、JCBゴールドのような、キミのバリューを上げてくれるものを選びよう!

さて、そのような大人気のJCBゴールドだが、現在、激しくお薦めな入会祭りをやってる!

お祭りは、2020年5月30日までだから、今がチャンスだ。

 

 

creditcard1 creditcard2

(以下は過去の記事です。以前の状況を知りたい方のみどうぞ!)

 

<JCBゴールドは「コストパフォーマンス一番」のマジメプレミアムカード>

 

JCBゴールドは、日本人が使うゴールドカードとして、もっとも堅実な安定感があり、コストパフォーマンスが高いクレジットカードの筆頭格だ。

JCBのゴールドカードには、個人用のゴールドカードであるJCBゴールド、29歳以下の方のために一部のサービスを簡素にする代わりに「お値打ち」が割増しされたJCB GOLD EXTAGE、会社の社長さんや個人事業主向けのJCBゴールド法人カードの3種類がある。

このページでは、特に個人向けゴールドカードの定番中の定番である、JCBゴールドについて解説するので、ゴールドカードを作ろうかと考えている29歳以下の方はJCB GOLD EXTAGEのページを、会社の社長さんや事業主の方はJCBゴールド法人カードのページをそれぞれ見てね(但し、JCBゴールド ザ・プレミアやJCB THE CLASSを目指す方は、そのまま下に進んでね)。

JCBゴールドの標準になるJCB一般カードからしてよくできている

JCBゴールドは、JCB自身が自社発行するいわゆる「プロパーカード」のゴールドカードだが、JCBのラインナップの中じゃ、基幹シリーズであるJCBオリジナルシリーズの上のクラスのカードとして位置づけられている。

言いかえればJCBゴールドは、JCBオリジナルシリーズの中心でありデキのいい人気カードでもあるJCB一般カードを標準に、各種の利益や付加サービスを贅沢に追加した設計になっている。

このページでは、JCBゴールドにはもともとデキのよいJCB一般カードを標準として更にどのような付加サービスが追加されているのかを中心にお話するので、JCB一般カードのデキの良さについてあまりご存じでない方は、先にJCB一般カードについて詳しく解説したこちらの記事をご覧になったほうがよいかもしれない。

関連記事:

しっとりした大人の格式が奥ゆかしい

JCBゴールドの審査は、数あるゴールドカードの中でも厳しい方だ。

申し込んでも審査に落ちることがかなりある。

なのに、JCBゴールドは、わが国のゴールドカードとしては最大規模の会員数を誇っている。

これが何を意味するかというと、ゴールドカードを選ぶ方のうち、相当の割合がこのJCBゴールドを選んでいるということだ。

審査によって絞り込まれているのに数が多いということが、「いいものが分かる大人」から「間違いなく」支持されていることの証といえるだろう。

JCBゴールドは、自動車におけるレクサスや腕時計におけるグランドセイコーと同じように、わが国におけるゴールドカードの代表的存在であり、実質を重んじるしっとりした大人だけに許される、奥ゆかしい格式感をまとっているゴールドカードだ。

華やかだけれどマジメ、正直だけれど艶がある、そのような表現がぴったり似合う。

利用限度額が大きく成長していくのがよろこばしい

JCBゴールドは堅実な会社によるマジメなゴールドカードであり、はじめのうちはいくぶん堅めに設定された限度額を、その後の利用ヒストリーのコツコツとした積み重ねで大きく育てていくタイプのカードだ。

ちゃんとした審査をして利用ヒストリーを見ながら大きく与信するという、JCBの堅実な会社の姿勢が表れているところだ。

そして、これを別の言葉でいうと、JCBゴールドを持っていて、かつ大きく増枠をされているということは、とりもなおさずそのカードの保有者はJCBという堅い会社から大きく「信用」されているということを暗示する。

JCBゴールドが、現在の高い格式を手に入れた理由は、このような堅実な与信と良き利用者に対するちゃんとした対応を長年にわたって続けてきたところにあるのだろう。

ほんとうの「ブランド」やそこから生まれる「格式」は、短い時間で生まれるもんじゃないということだ。

ときに、最初からやにわに高い限度額を与えてしまうクレジットカードの発行会社もあるが、いいかえればこれは見栄を張るためにギャンブルを打っているのと同じであり、会社の姿勢としてはやや荒っぽいきらいがある。

JCBが目指すところはそこじゃなく、利用者との間の堅実なお付き合いとそれに応じたエレガントなサービスの展開、そして、それに基づく地に足のついたブランド力と格式の維持であろうことは容易に想像できるところだ。

旅行傷害保険やその他の保険の充実っぷりが素晴らしい

ゴールドカードを持つ方は、国内外を問わず、アクティブに活動エリアを広げておられる方も多いだろう。

しかし、活動エリアが広がれば広がるほど、けがや病気、盗難などの被害に遭う可能性も高まる。

そこでだいじなのは、活動エリアの広がりに伴う可能性をいつも静かに引き受けてくれる、クレジットカードの各種保険だ。

JCBゴールドは、付帯する保険も普通じゃない水準の充実っぷりだ。

旅行傷害保険が、普通じゃない水準

のちにも述べますが、JCBゴールドの定期コストは1万円(税別)だ。

そして、旅行傷害保険は、外国が最高1億円外国は最高5000万円のものがかかっている。

単刀直入に言って、定期コストが1万円のゴールドカードで、この内容の旅行傷害保険をつけてくれるのは、普通じゃない水準だ。

例えば、JCBゴールドの直接の好敵手である三井住友VISAゴールドカードは、同じように定期コストが1万円で外国旅行傷害保険が最高5000万円(外国は5000万円で同じ)でしかないことや、定期コストが29000円もするアメックス・ゴールドの外国旅行傷害保険がJCBゴールドと同じ1億円(外国も5000万円で同じ)なことを考えると、JCBゴールドがいったいどれくらいカード利用者のことを考えたちゃんとした設計であるかが分かるというものだ。

ショッピングガードも、普通じゃない水準

買い物をしたときの補償も、とんでもなく充実している。

JCBゴールドじゃ、国内、外国を問わず、カードで購入した大半の商品について、購入日から90日以内に生じた破損や盗難等の損害を、1年間に最高500万円まで補償してもらえる。

この補償は、お高い商品を購入したときにはとんでもなく助かる。また、特に外国旅行じゃ搬送中の荷物の扱いが手荒なことが多いので、この補償を持ってないと危なっかしくて仕方がない。

この補償についても、定期コストが同じ三井住友VISAゴールドじゃ最高300万円の補償にすぎないし、定期コストが3倍近くもするアメックスゴールドは、JCBゴールドと同額の最高500万円の補償になる。

この点でも、JCBゴールドのコストパフォーマンスが突出している。

航空機遅延保険まで、普通じゃない水準

ビジネスや旅行で外国外を行き来する過程で避けられないのが、航空機の利用。

確かに航空機は安楽に、短時間で目的地に到着できる素晴らしい移動手段だ。

しかし、航空機は厳格な安全性方針に基づく施設運用、安全管理上の要請から、ときにとんでもなく出発や到着が遅れたり、思いがけなく、目的地の変更が行われたりする。

また、大量の貨物の管理をする間に何らかのまちがいが生じ、預けた荷物がぜんぜん別の飛行機に乗せられて、はるか遠くに運ばれてしまうことも、ままある。そのうえ、もっとひどい場合は、手荷物がまったくもって紛失してしまうこともあるだろう。

そうなると、乗客は出発地や目的地とちがう場所で長時間の待機や宿泊を強いられたり、代替物を購入したりする必要が生じ、予定外の支出が発生することになる。

JCBゴールドじゃ、このような様々な事態が発生した時のために、きめ細かな補償を用意している。

これについては分かりやすく表にまとめたので見てほしいと思う。

JCB
ゴールド
三井住友VISA
ゴールド
アメックス
ゴールド
定期コスト 10,000円 10,000円 29,000円
補償の対象 国内、外国 国内、外国 外国のみ
乗継の遅延
生じた場合に
かかった客室料や
食事代
の補償
2万円まで 2万円まで 2万円まで
出航の遅延
生じた場合に
かかった
食事代
の補償
2万円まで 1万円まで 2万円まで
預けた手荷物が
遅延
したために
購入した代替物の
代金
の補償
2万円まで 1万円まで 2万円まで
預けた手荷物が
紛失
したために
購入した代替物の
代金
の補償
4万円まで 2万円まで 4万円まで

 

ほら、ここでもダントツのコストパフォーマンスだろ?

以上に見たように、ゴールドカードの各種の機能の中で重要度が特に高い「補償機能」について、JCBゴールドがいったいどれくらい普通じゃない水準の充実っぷりを誇っているかをご理解頂けたと思う。

それに引きかえ……いや、やめておく。

細やかに心配りされたゴールド専用サービスが心地いい

JCBゴールドの格式感やちゃんとした与信枠の設定、各種保険などの標準機能がとんでもなく優れたものなことはすでに述べたとおりだが、その他、JCBゴールドのためだけに用意されたサービスが、とんでもなく利用しやすく、心地よいものに仕上がっている。

空港のラウンジサービスや手荷物の無料宅配でゆったり

まず、旅行や出張で空港を使うときは、ホッと一息つける場所の確保をしたいものだ。

これがあるかどうかで出発までや乗り換えまでの待ち時間を安楽に過ごせるかどうか、ひいては旅行全体の安楽さまでが大きく左右される。

この点、JCBゴールドを持っていれば、外国の主要空港内のラウンジに加えハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジまで年中無休・タダで利用できる。

飲み物サービスは当然、マガジン・新聞の閲覧など、気の利いたスペースとサービスで、安楽な時間を過ごすことができる。

ちなみにタダで利用できるラウンジは、以下のとおりだ。

北海道・東北

  • 新千歳空港「スーパーラウンジ」
  • 新千歳空港「ロイヤルラウンジ」
  • 函館空港「ビジネスラウンジA Spring.」
  • 青森空港「エアポートラウンジ」
  • 秋田空港「ロイヤルスカイ」
  • 仙台空港「ビジネスラウンジEAST SIDE」
  • 仙台空港「ビジネスラウンジWEST SIDE」

関東

  • 成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE1」
  • 成田国際空港第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE2」
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(中央)」
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北・南)」
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北)」
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北ピア)」
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE」
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE ANNEX」

中部・北陸

  • 中部国際空港「プレミアム ラウンジ セントレア」
  • 新潟空港「エアリウムラウンジ」
  • 富山空港「ラウンジらいちょう」
  • 小松空港「スカイラウンジ白山」

近畿

  • 伊丹空港「ラウンジオーサカ」
  • 関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」
  • 関西国際空港カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」「金剛」
  • 関西国際空港カードメンバーズラウンジ「比叡」
  • 神戸空港「ラウンジ神戸」

中国・四国

  • 岡山空港「ラウンジ マスカット」
  • 広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」
  • 米子空港「ラウンジ DAISEN」
  • 山口宇部空港「ラウンジきらら」
  • 高松空港「ラウンジ讃岐」
  • 徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」
  • 松山空港「ビジネスラウンジ」

九州・沖縄

  • 福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」
  • 北九州空港「ラウンジ ひまわり」
  • 大分空港「ラウンジ くにさき」
  • 長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」
  • 熊本空港「ラウンジ ASO」
  • 鹿児島空港「スカイラウンジ 菜の花」
  • 那覇空港「ラウンジ華~hana~」

外国

  • ハワイ・ホノルル「アイ・エー・エス・エス ハワイ ラウンジ」

なかなかだろ?

また、外国旅行から帰国したときには、空港からの手荷物はなるだけ少なくして家まで帰りたいものだが、JCBトラベルデスクをJCBゴールドで利用すれば、手荷物の無料宅配券をプレゼントしてもらえる。

実に気の利いたサービスだ。

旅行代金のお会計をすれば、Oki Dokiポイントがドーンと貯まる

旅行代金のお会計は高額になりがちだから、そこでもらえるポイントが多いのはとんでもなくありがたいことだ。

ポイントを貯めて、また新しい旅行にもいけますしね。

JCBゴールドじゃ、旅行関連のお会計をJCBトラベル提携のWEB予約サービスを通じてすれば、そりゃーもう、すんごい勢いで、ポイントが貯まっていく。

具体的には、外国の宿泊予約ならポイントが5倍に、外国ホテルの予約なら12倍に、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル(6施設)に宿泊するJCBのパッケージプランに申しこめばポイントが10倍にと、豪快な還元をしてもらえる。

なにか特別なことをせずに割引きをしてもらえるのは、とんでもなくよろこばしいことだ。

グルメ優待サービスがとんでもなくお値打ちで、おいしい

もともとJCBカードの保有者だけは、JCB優待ガイドを用いて、日本中の様々なお店で大きな割引きを受けたり、優待サービスとして色々おまけしてもらったりしてもらえる。

これだけでも相当にお値打ちなんだが、JCBゴールド以上のプレミアムカードの会員は、専用のサイトで、更に大きな優待を秘密で受けることができる。

この専用のサイトには、一般のJCB優待ガイドには入ってない250以上もの名店があったり、一般のJCB優待ガイドを使う利用者には10パーセント割引が提示されるところ、プレミアムカードの会員だけには20パーセント割引の料金を提示されていたりする。

専用サイトの検索結果で、「美食優待」というゴールドのラベルが付いているのがプレミアムカード保有者だけの優待内容で、「JCB優待」というピンクのラベルが付いているのがJCB一般カード保有者用の優待内容だね。

いいお店で外食したときの10パーセントの差って大きいよ。

年に何回かこのサービスを使うだけで、ゴールド定期コストを軽く超えてしまうんじゃないかっていうくらいの衝撃があると思う。

だいじな人と素敵な時間を過ごすときも、特別にリーズナブルな価格が提供されるこのサービスは、まさしく「特権」とでも呼ぶべき豊かな内容だと思う。

とっておきの優待サービスと評価できる水準だろう。

ぜひ、どんどん利用してくれ。

ゴルフサービスを使えば、あの著名コースでプレーできる

ゴルフ好きな方にはとんでもなくよろこばしいサービスもついている。

著名コースでのゴルフコンペの開催や、日本中で約1200ヵ所のゴルフ場の手配をしてもらえる。

なかなか予約ができなかったあのコースでも、あっさりプレーすることができるだろう。

エンターテインメントのプレミアムチケットだってラクラク

ステージドラマ、コンサート、歌舞伎などの良席を保証してもらえたり、特典付チケットを優先的に案内してもらえたりる。

観劇好きな方や音楽ファンにはたまらないサービスだ。

税理士やFPにお金のことをタダで相談できて安心

お金のことをどなたかに聞きたくても、個人レベルじゃなかなかいい相手がいないものだ。

この点、JCBゴールドがあれば、税務・年金・資産運用その他、お金の心配事について、プロに気軽に電話で相談することができる。

ヘルスケアサービスも充実!健やかな心身でさらに人生を楽しめる

夜中に体の具合が悪くなったときや、病院に行く前にちょっと予備知識を得たいとき、子供の急な発熱など、医療の正確な知識が欲しいことがあるよね。

そんなときにJCBゴールドがあれば、医療・ヘルスケア・介護・育児などについての相談や、医療機関の案内など、経験豊かな医師や看護師が24時間・年中無休で応えてくれるよろこばしいサービスをタダで受けることができる。

その上、痰などの検体を郵便で送るだけで、自分のおうちにいながら専門の技師・医師による助言や病院のお教えが受けられるサービスを優待料金で利用でき、さらには人間ドックサービスの優待まで受けられる。

これらのサービスを使って得られたヘルスケアな肉体と精神は、キミにより豊かな人生をもたらしてくれるだろう。

JCBゴールドが提供してくれるたくさんの付加サービスも、ヘルスケアな肉体と精神があって初めて楽しめるものだからね。

会員情報誌「THE GOLD」

これまでに説明してきたように、JCBゴールドには様々な優待サービスや素敵な企画が目白押しだが、そのような豊富なサービスなども、その存在を知ることができなければ宝の持ち腐れだ。

そこで、JCBじゃ、JCBゴールドの会員に対し、旅行やイベント、ステージドラマやコンサート、ゴルフなどの優待情報を随時、専門の情報誌でお知らせしている。

これらをチェックするだけで、人生を彩るたくさんの楽しみがキミの下に舞い込んでくるだろう。

ゴールド会員専用デスク

JCBゴールドの会員の方には、通話料が無料の専用インフォメーションデスクが用意されている。

カードについての全般的な問い合わせなどについて、とんでもなくエレガントに対応してもらえるので、JCBゴールドの細かいサービスにいたるまで安心して使いこなすことができる。

デザインが高品質

もう一つ、JCBゴールドのいいところは、デザインが上質でとんでもなくハイグレード感があるところだ。通常デザインのゴールド版と、上質だけどかわいいディズニーデザインから好きな方を選ぶことができる。

さらに上の世界が見えてくる

また、よろこばしいことにJCBゴールドには、さらに一つ上のランクのカードであるJCBプラチナや、招待制のJCBゴールド ザ・プレミア、および、JCB THE CLASSという、より上のクラスのプレミアムカードが用意されている。

JCBゴールドでいい利用を積み重ねていけば、そのうち、あこがれのプレミアムカードへの招待状がキミのもとに届くかもしれない。

とんでもなく楽しみだね。

家族カードが無料だから、素晴らしさを分かち合える

これだけ素晴らしく作りこまれたJCBゴールドだが、なんと定期コストタダで家族カードを作ることができる(2枚目以降の家族カードは1000円/年)。

本会員の方と同等の盛りだくさんのサービスを、ご家族の方も利用できるので、大変コストパフォーマンスがいいと思う。

ぜひご家族でこの素晴らしいサービスを分かち合われるといいと思う。

家族でのよい思い出がいっぱい増えるんじゃないだろうか。

得られる利益に対し、定期コストがとんでもなく安い

なかなかいいと思わないか?

JCB一般カードも大変よくできたベーシックなカードだが、そのよくできたカードに、さらにこれだけめちゃたくさんの利点が追加されているんだ。

そこで、じゃあコストはどうなんだというのが気になるところだが、これがたったの定期コスト1万円。言いかえれば、月あたり833円なんだ。

上のサービスのどれか一つを年に1回でも使うと、元を取れてしまえるレベルだ。

いや、サービスなど使うまでもなく、付帯している保険だけで初めから定期コスト程度のコストはペイしてしまっていると言っていいだろう。

いわば、その上に、タダで色んなサービスが追加されているようなものだ。

当然、今ならお祭りが適用されてお薦め

JCB一般カードのページでも言ったが、JCBゴールドを含むJCBオリジナルシリーズじゃ現在、期間限定で大変お値打ちなお祭りをやっている。

さらっと実施されているが、実際のところ相当にお値打ちなお祭りなので、JCBゴールドを検討している方はうっかり期限切れにならにように、お早目のほうがいいよw。

こんなチャンス、しっかり乗っかって踊らなきゃだめだよw

そうそう、JCBゴールドは平日11時までの申込みに加え、WEB口座の設定をすれば、最短ならその日に発行され、手元に届くのもその次の日だという迅速な体制が調えられているから、いま申し込めば、明日にはかっこいいゴールドカードを使えるようになっているかもしれないよ!

いいなーw

(関連記事)

 

タイトルとURLをコピーしました