クレジットカード激推しランキング 2023年

クレジットカードランキング

クレジットカードの激推しランキングや、総合力が高いクレジットカードをお探しの方へ>

いつもの買い物じゃポイントを貯めて得したいし、ネットショッピングじゃカード払いであっさりお会計を済ませたい。でも、サイフを何枚ものカードでパンパンに膨らませるようなことはしたくない。

そのようないまどきのスマートな方にとって、どんな場所でもお値打ちに使え、社会的な評価が高く、知的でセンスがいい、総合力が高いクレジットカードを1枚だけ持つ、というのは、ものすごくいい選択だ。

また、クレジットカードを作るのは初めての方にとっても、このようなカードを1枚だけ持つことは、大変好ましいことだ。

クレジットカードに慣れる前にたくさんのカードを作ると、ポイントがあちこちに分散し、期限切れで失効させがちだし、請求書やお会計口座が増えると混乱してお会計が期日に遅れてしまうもとになるからね。

そこで、このページでは、

「わが国で生活する人が、総合力が高く、素性のいいカードを永く1枚持ちするならどれ?

というものすごくシンプルで重要な命題を解決するために、当ラボのこれまでの知見から総合力が高いと判断されるクレジットカードのベスト3を選んだ上で、ランキングした。

その選考にあたっては、クレジットカードでいちばん重要な、以下の3点を特に重視し、10点満点で採点した。

  1. 決済性(配点3点):いつもの生活や旅行中のなるだけ広い場面でカード払いができること
  2. 拡張性(配点3点):しごとや家庭、生活の変化に柔軟に対応できること
  3. 信頼性と安定性(配点4点):長きにわたってカード保有者の「信用」がそこに積み上げられ、将来、その積み上げられた信用が花開き、保有者の人生が豊かになること

この3つの要件を満たすカードなら、キミの経済生活の優れたパートナーとして、末永く役立ってくれるだろう。

以下のカードは、どれをとっても上の要件をしっかり満たしているので、安心して選んで頂くことができる。

自信をもって激推しする。

第1位 JCBカード オリジナルシリーズ(10点)

JCBカードは世界でただひとつの、米系以外の会社が運営するクレジットカードの国際ブランドであり、「たくさんの日本人にとっていちばんつかいやすい」と考えられるクレジットカードを真摯に設計し、出していることで知られている。

特に、JCBの中心的なブランドであるJCBオリジナルシリーズは、日常使いから外国旅行まで、ものすごく親切なサポート体制を敷いており、国内外で、心地よい対応を受けることができる。

決済性(3点/3点)

はじめに、決済性についてはものすごく高いレベルで充実している。

というのも、JCBは日本国内でのダントツのトップシェアブランドであり、1000万件もの加盟店を抱えている。外国なら都市部で困ることはまずない(外国加盟店数はVISA、マスターの2倍)。

地方でもJCBの長い歴史の中で日本中津々浦々までその使用可能範囲が広がっているため、普段の生活でも、仕事や旅行で地方にでかけたときも、ものすごくスムーズにカード決済ができるだろう。地方出張でJCBしか使えない店に出会った時は、ああ、JCBをもっていてよかったと思うことがよくある。

また、外国でも日本人がよく訪問する場所を中心に、実に3300万件!もの加盟店を開拓しており、ものすごく有用にカードを用いることができるだろう。

特に、JCBじゃ世界の60か国の有用な場所に、JCBプラザ・JCBプラザラウンジという施設を設けており、日本語で対応できるスタッフが、キミの旅行や出張の強い味方になってくれる。

このJCBプラザ・JCBプラザラウンジは、この一点だけのためにJCBカードを所有する方も多いほどよくできた、ものすごく安心できるサービスだ。

拡張性(3点/3点)

次に、拡張性だが、これについても満点をつけた。

というのも、クレジットカードの標準的な機能である決済機能、補償機能は何の不満も出ないレベルに作りこまれているのはあたりまえのこととして、その上で、付加的な機能である電子マネーやETCカード、家族カードなどをあっさり後付けしたり、廃止したりできるんだ。

長い人生には、仕事や住居、家族環境など、様々な変化が起こるが、その時どきの状況の変化に応じ、柔軟に、カードの使用体制を合わせていくことが容易だ。

信頼性、安定性(4点/4点)

そのうえ、信頼性と安定性についてはいちばんだいじなところだが、こちらも非の打ち所がない。

JCBカード オリジナルシリーズには、学生や10代~30代の方からのすさまじい人気で注目を集めているJCB CARD Wを始め、「分かっている」オトナの方に人気のJCB一般カード、一段上質のおもてなしを受けたい方のためのJCBゴールドJCBプラチナ、さらに最高レベルの付加サービスが用意された、招待制のJCB THE CLASS(ブラックカード相当)が用意されているが、JCBカード オリジナルシリーズのプラットフォーム上で、永きわたり、カードの使用を適正に重ねていけば、キミの信用もまた、JCBという揺るぎない信用の上に、自然に蓄積していくだろう。

そして、知らない間に、キミ自身が、より上位ランクのカードを持ち、より高いサービスと付加サービスを受けるのにふさわしい場に立っていることに気づくことだろう。

出張や旅行の多い方には

JCBカード オリジナルシリーズには、飛行機によく乗る方のためにつくられた、JCBカード/プラスANAマイレージクラブもラインナップされている。

マイルを貯めていきたいけど、航空会社の独自カードはちょっとなぁ、という方にはピッタリの、ものすごく総合力の高いクレジットカード兼ANAマイレージクラブカードなので、出張や旅行でときどきANA便に乗る方は、こちらを選ばれるのがいいだろう。

総評

以上のように、JCBカードのオリジナルシリーズは、攻めて良し、守って良しのものすごく総合力の高いクレジットカードだ。

正直なところ、これ一枚で一生、十分にやっていけます。

あとは、ごお歳や性別、受けたい付加サービスの程度などで細かい選択をすれば、間違いなく、よい果実を得られるだろう。

JCBカード オリジナルシリーズについての、より詳しい記事はこちら

第2位 三井住友VISAカード(9.5点)

総合力の高いクレジットカードとして、2位にランクインしたのは、テレビのコマーシャルでもおなじみの、三井住友VISAカードの一連のシリーズだ。

このシリーズ内にはデビュープラスカードからゴールドカードまで5種類ものバリエーションがあり、カードを作る方の属性やニーズによって、きめ細かにラインナップが整備されている。

三井住友カードは、わが国にはじめてVISAカードをお教えした住友クレジットの後継会社であり、わが国における最大手のクレジットカード発行会社の一角だ。

その「三井住友VISAカード」は三井住友カードの中核ブランドだけあり、それを構成するカードはいずれもバランスが良く安定感の高い、相当にスグレモノのカードとしてみるちゃくちゃ人気がある。

決済性(2.5点/3点)

まず、結論から言うと決済性についてはものすごく優れているが、外国での使用じゃ、特に地方の加盟店数で圧倒しているJCBに一歩譲る。

もっとも、いつもの生活の中でVISAカードで決済できないことは、ほとんどないので、現実的には決済性について気になることはぜんぜんないだろう。

また、VISAカードは世界でいちばん大きいクレジットカードの発行会社、米国VISAのブランドであり、世界中でいちばんたくさんの加盟店をもっている(言いかえればカードが使える)国際ブランドだ。

だから、カードは一枚しか持ちたくないけど、日本人があまり行かないような外国までひんぱんに行くという人は、外国での決済性を重視して、三井住友VISAカードを持つことを激推しする。

拡張性(3点/3点)

三井住友VISAカードは、拡張性の面でも、実によく練られている。

クレジットカードのいちばん重要な標準機能はお会計を決済する機能とクレジットカード自体をなくしたり、盗まれたときの補償機能だが、まず、この標準機能について、三井住友VISAカードはものすごく高いレベルに設計されている。

その上で、付随的な機能である電子マネーや家族カード、ETCカードを後から自由に、追加したり廃止したりできるので、人生のさまざまな場面に応じて、自在にクレジットカードの保有形態を変えることができ、ものすごく有用で安楽だ。

このように、よくできた標準機能と柔軟な付随的機能を組み合わせる設計がものすごく良くできているため、このカードの保有者は、長期間、何の心配も不便もなく、安心して質のいいカードを使い続けることができるだろう。

信頼性、安定性(4点/4点)

三井住友VISAカードは、信頼性と安定性についてもものすごくハイレベルだ。

上に述べたように、三井住友カードはわが国のVISAカードの先駆者であり、もっとも格式の高いVISAカードの発行会社だ。

特に、三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAは、その三井住友VISAカードシリーズの中でも一番めちゃたくさんの使用者をもつ人気のあるクレジットカードだから、会社としての気合いの入れ方も違う。

まさしく、信頼性も安定性も折り紙つきと言ってよいだろう。

また、三井住友VISAカードは、このプラットフォーム上でクレジットカードを永く、適切に使う過程で、知らない間にキミの「信用」が間違いなく積み上がっていく。

だから、この信用をもとに、ゆくゆくは、憧れのゴールドカードプラチナカードを取得する道が開けてくるのも素敵な話だね。

当然、当シリーズじゃ、クラシックカード/クラシックカードA以外にも、学生さんのための学生用カード、学生さんから卒後3年間程度までの若い方をカバーしたデビュープラスカード、レディースにぴったりのアミティエカードなど幅広いラインナップが用意されている。また、若い方でゴールドカードがいい場合にはプライムゴールドカードもある。

だから、もし一枚だけVISAカードを持ちたいのなら、まずはこのシリーズの中で、キミの事情にちょうど合ったものを選ばれるのが、いい選択であると思う。

しっかりとしたクレジットカードシリーズから最適な一枚を選び、そのカードを使って一歩ずつ「信用」を積み上げていけば、その先には、キミの人生をより高みに連れて行ってくれる、一段上の世界が待っていることだろう。

総評

今回、当ラボじゃ、「わが国で生活する人が一枚だけ持つならどうか」という視点を重視し、三井住友VISAカードを2位にランキングした。

しかし、外国使用を重視するか、外国使用を重視するかの違いはあるものの、1位のJCBオリジナルシリーズと2位の三井住友VISAカードシリーズは実力的に拮抗しており、最終的には好みで選んでもいいと思う。

あえて言えば、マイナーな外国にもひんぱんに行くという方なら三井住友VISAカードを、外国使用が中心なら1位のJCBカード オリジナルシリーズを選ばれるのがいいと思う。

いずれにせよ、外国クレジットカードの2大勢力であるこの2つのシリーズから今のキミの属性に合ったものを選んでおけば、それが最良の選択になる可能性が高いことを断言する。

三井住友VISAカードについての、より詳しい記事はこちら

第3位 セゾンカードインターナショナル(9点)

セゾンカードインターナショナルは、2800万人もの使用者を抱え、わが国を代表する大手のクレジットカード発行会社の1つである、クレディセゾンの中心ブランドのクレジットカードだ。

セゾンカードインターナショナルは、ネームバリューじゃJCBや三井住友VISAカードに及ばないが、カードの力量は相当なもので、特に「お値打ち」路線じゃJCBやVISAを上回る力があるといえる。

一方じゃ攻守揃ったバランスの良さをもち、もう一方じゃカードを使ったときにもらえるポイントの有効期限を「永久不滅」にし、西友やイトーヨーカードー、セブン-イレブンなどのスーパーやコンビニでの割引、ポイント還元を充実させ、定期コストを無料にするなど、お値打ちさを追求する。

まさしく、「お値打ち」と「有用」と「安心」を高次元で統合しているカードであると思う。

こうした運営方針が功を奏し、セゾンカードインターナショナルは「お値打ち」で「有用」で「安心」なことが大好きなレディースや奥さま層からものすごく支持されていて、クレディセゾンによれば、使用者の7割がレディースだそうだ。

決済性(3点/3点)

さて、このセゾンカードインターナショナルは、カードの国際ブランドとしてJCB、VISA、マスターの中から、好きなものを選ぶことができる

したがって、日本国内でのいつもの生活をはじめ、外国旅行や、せいぜい日本人がひんぱんに行くような外国くらいでしかカードの使用をしない方はJCBがいちばん決済性が高くなり、一番つかいやすいだろう。

他方、ちょっとマイナー目の外国まで行くという人はVISAを、ヨーロッパにもちょくちょく行くよ、という人はヨーロッパでやや強めのマスターを選んでおけば、世界中のどこでも高い決済性を確保することができ、全然心配する必要がない。

拡張性(3点/3点)

セゾンカードインターナショナルは、当然、拡張性も高く設計されている。

クレジットカードの決済機能、補償機能という本体機能に加え、ETCカードや家族カードまでもが定期コスト無料で自由に作れ、必要なくなればそれらだけを廃止できる。

だから、キミの生活環境や仕事の事情、家庭環境の変化にも柔軟に対応でき、環境が変わるたびにクレジットカードを変更しなければならない煩わしさからも解放されるだろう。

信頼性、安定性(3点/4点)

セゾンカードインターナショナルは、クレジットカードとしての信頼性、安定性についても、ものすごく高いレベルだ。

クレディセゾンは外国の大手のクレジットカード発行会社の一角を占め、その中心ブランドのカードなわけだから、当たり前っていうと当たり前だ。

だが、JCBや三井住友VISAカードと比較すると、知名度の点で一歩譲るというところだろうか。

当然、実際の信頼性や安定性はちゃんとしているので、そこに心配はぜんぜんない。

ネームバリューの面でもう一段頑張ってほしいという応援の意味を込めて、今回は3点をつけさせて頂きた。

総評

もし、「クレジットカードの使用目的がまいにちのスーパーでの買い物服、化粧品などの買い物のお会計だという人が、一枚だけ持つにふさわしい総合力の高いカードは何?」という質問があったなら、セゾンカードインターナショナルは、それにものすごくふさわしいカードだ。

特に、働くレディースや奥さまにとっては、実際のところセゾンカードインターナショナルが最強の総合力一番カードと言ってもいいかもしれない。

裏番長のようなものだね。

ポイントの有効期限がなく、大量のポイントが貯まりやすいカードでもあるので、じっくり、ゆったりとカードを使って、ぜひ、クールでセクシーでファンキーな商品や電子マネー、商品券なーんて交換して、楽しく使ってね。

セゾンカードインターナショナルについての、より詳しい記事はこちら

以上、いずれのカードでも、ヘビロテ使用カードとして実力に不足はないので、お好みのカードを選んでみてほしい。

総合ランキング上位ランクの各公式サイトはこちら

第1位:JCBカード オリジナルシリーズ

第2位:三井住友VISAカード

第3位:セゾンカードインターナショナル

 

タイトルとURLをコピーしました